スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
るく作成メモ(1)
めもめも。あ、一応ブログ紹介文に注意を書き加えてみました。男体化がふつーにメインになりそうだし、ね。念の為。ちなみにもろ初心者なので、以下は使用方法含めのメモです。身内は読んでおくといいかもよ!(笑)

取り敢えず改造に必要そうなモノリスト。

+工具
・デザインナイフ
 →切ったり削ったり。これはちゃんとしたの買おうかなぁ…。500円くらいらしいので。100均の刃物はもろい。ちなみにこれ所謂トーンカッターらしい。持ってないなぁ…。
・カッターマット
 →言わずもなが。作成時に下に敷く。これは100均でokかな。大きめを買おう。
・やすり
 →100均にシートで売ってるらしい紙やすり。ただスポンジやすりというのも使いやすいらしいので悩みつつ。枚数揃えなきゃだから最初は100でいいかなぁ。あ、あと棒やすりか。棒は100均にある。
・つまようじ・調色スティック・スパチュラ
 →細部成型。つまようじはある多分。後二つはどっちかでいいみたいなので、汎用性を考えると調色の方かな? 100均にはなさそうだ。
・彫刻刀
 →弟に貸したっきり帰ってきてないけど多分持ってるはず…。切れ味が余りに悪かったら新しく買うけど。まぁ、取り敢えずは必要ないかな? 家の中探さねば。
・リューター
 →自動ヤスリ(であってるのか?) 100均にあるらしい。出来れば買いたいけどうちの近所の100均しょぼいんだよな…あるかしら。
・マスキングテープ
 →塗装にも使用。細いのと太いのあるけど最初は太いのがあれば十分だと思う。作るものによるけどね。
・ミニ箒とちりとり
 →飛び散る奴ら用。


+材料
・パテ
 →もるもる。当たり前に必要ですよねー。見た感じだと初心者にはうぇーぶ軽量タイプのエポパテがよいようだ。最初から形なんか作れないしな! これはホームセンター。ダイソーにもあるらしいけど。
・溶きパテ・サーフェイサー
 →溶きパテは液体状パテ。筆塗り。サーフェイサーは缶で吹きつけ。どちらも細かい傷とか修正用? 一応サーフェイサーは塗装下地?らしい。用途被ってるけど両方必要なのかな…? もうちょい調べてみよう。
・瞬間接着剤
 →少し粘度が高いものの方がいいみたい。れっつ100均。そしてアホな私は同時にはがし液も買っておいたほうがよい気がします。フフフ。


+塗装
・リムーバー
 →塗装落とし。100均。
・筆
 →100均は毛が抜けるので、専用のもの購入予定。薄め液用も必要。
・塗料皿
 →何枚かセットで売ってるらしいのでそれでいいかなぁと。
・サーフェイサー
 →被ってるけど気にしない。下地。
・塗料
 →Mr.colorがよいとの噂。色とあと薄め液。
・トップコート
 →半光沢とかつや消しとか。


+その他(買わないけど在ると良いもの)
・ハンドクリーム・ゴム手
 →ハンドクリームある。手荒れ激しいのでぴったりゴム手があれば使いたいところです。手先感覚鈍るかなぁ。どうかなぁ。
・割り箸と洗濯ばさみ
 →硬化とかサフとかに使えるらしい。探す。家の中。
・おゆまる
 →複製用。すぐには必要ないけどあると便利かなぁどうかなぁ。
・ピンバイス・真鍮線・ペンチ
 →補強。あと持つもの作成するのに使うようだ。
・卓上掃除機
 →ぴんきー関係なく欲しいなぁ。


こんなところでしょうか。
ピンキー自体は安いけど、やっぱ結構工具とかでかかりそうだなぁ。まぁ、最初は身内で合宿風味でやるかもなので、割り勘してみんなで使ったら安いかも!とか私信してみるかなめちゃん。うーん楽しみ!
 
スポンサーサイト
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
<< やったー | HOME | pinky初めてみようと思います。 >>

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→ http://moonsong.blog4.fc2.com/tb.php/327-f6390a93
この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。