スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
sound horizon 6th storyCD concert~それでもお征きなさい仔等よ~(2)
記事ふたつめ!
下手なレポートよりも文字数あるよね、これ。一緒に行った大学の友人がまだー?って聞いてきたのを思い出したのでまとめてupするであります。

以下追記。
 
8 聖なる詩人の島
舞台変わってレスボス島。岩崎さんソフィアの登場ですね! いやー、17日は2列目ってことで表情まではっきり見える位置だったせいか、普通に泣いてしまいました。あと通常版でルド子?と噂になっていた彼女はどうやらソフィアさんの御付のフィリスさんというらしいです。林檎じゃなくて花だったのね。銀盤聴いてる時は全く思い当たっていなかったのですが、どうやらミーシャは目が見えなくなっている模様。逃げる最中に何かあったのかしら。舞台の演出も室内にいる時は無風で、外に出て海風に当たる所から風が吹いてておーっといった感じ。王子は毎回台詞をちゃんといってるようには聴こえない(ごめんなさい)のですが、岩崎さんは毎回言ってますね。妹役も呼びかけられたりしてるような歌詞の時は頷いてるのがよい。右上に暖色女神、左上にソフィア・フィリス・ミーシャで曲終了。

9 遥か地平線の彼方へ
そして妹の情景を映した後なので今度は兄。じまんぐは全部喋ってるかな。舞台を上下幅広く使って長い道のりを表してる感じ。エレウが木の枝もって歩いてるのですが、それで時々じまをぺしってするのが微笑ましい。楽団の後ろに多分ふたご座?が映されたり。17日から代役が立ってたんですけど、この曲は歌ってたのかなぁ。なんかマイク構える前から声が聴こえてるシーンがあって、あれれれと。この曲メインボーカルだし、落ちたらまずいから録音で済ませてるのかなぁ。お主はお主の~のじまの台詞には毎日泣きそうになります。そこで師弟ごっこをやめて別れた後、回想的な感じで楽団後ろスクリーンにじじいが映されるんですけど何故かCGw あとのミーシャは実写なのになぁ。
そして子役が退場して陛下扮するエレウが。結構風を強く吹かせているようなのですが、いつも髪がぼっさぼさになってるからもう少し弱くすればいいのにと思ったのは内緒(笑) 舞台中央でゆーきゃん達が噂話をしててそれに2回振り返るエレウ。ちょっとあからさまだよw あれは噂話してる人に気がつかれてしまうと思います。曲の継ぎ目は銀盤ではなかったですけど、流石にコンサートでは作らざるを得なかったようで。ゆーきゃんの笑い声がこだまするという。微妙にシュール。

10 死せる者達の物語
そしてこっから陛下のターン! 旅人に髑髏がついてまわったりついてなかったり。ついてる髑髏と一瞬見つめあうのが大変可愛い。舞台左下でちょこちょこ別の場所の戦闘シーンとして王子とかアレクサンドラとか。そして栗林さん扮する大ミーシャ登場! 子役と合わせて4人の双子が舞台センターに。割と身長差も絵のような感じ? もう時間は経過してるので正面に立ってるのは大双子なのですが、泣き虫だった~お転婆だった~と回想シーンでは子役が見える位置にくるとかすごいなぁ。演出。栗林さんがすごい楽しそうなのがこのシーンではよい。
そしてスコーピアスが上舞台からせりあがってくる。このアクターさんメンバー紹介で大分はっちゃけてるの見てるから真面目に若本してるとすげー違和感(笑) 蠍が喋ってる間にいつの間にか子役退場。そして今度は下舞台で王子。いやー、王子の声好きです。いや、勿論一番は陛下なんですけども。銀盤の時から思ってましたが王子と陛下の主旋入れ替わりが素敵である。で、死せる者達の~ってところで通常盤のジャケに割りと合わせた感じで皆様並ぶのがよい。双子・王子・蠍・聖女・兵士・6女神かな? アマゾネスさんの位置が左右逆だったりするし、最後神の光の後のほうがフルメンバーだからそっちのがジャケには近いんですけどね。曲中にやるのがいいんだ。和音も1回収縮してその後展開するという先を見せる風に使っていて。この曲好きだー。

11 星女神の巫女
そして舞台は暗転。暖色女神。前の曲から3曲栗林さんのステージですな。意外に栗林さんは衣装スリット深くてわーお。楽団後ろのスクリーンに星空が。栗林さんだけエレフって言ってる様に聴こえるんだよね…。いや、どうなんだろう。あ、栗林さんも台詞は毎日言ってますね。すると王子だけ言わないなんてないかなぁ。どうだろ。
文句って訳じゃないんだけど、はるかさんとかシリアスなシーンでは声質とか変えてるのがよく判るのに、ミーシャがこの曲後半笑顔なのはどうなのかなぁ。いや、うん。顔で演技することに慣れてないだけなのかもしれないけど。みら自体をミュージカルとしてみるように作られてる公演だからどうも違和感がね。栗林さん好きですよ。貶してる訳じゃないの。
あと、蠍が現れた時に騒ぐ女達を入れ子と同じ衣装でゆうきとかおりがやっていたんだけど関係はあるのか。というか台詞も彼女達なのかな? 今回一杯仕事してますね! フィリスは日高さんでFA。

12 死せる乙女その手には水月
蠍最後の見せ場(笑) もう蠍につれてかれる時点で既に半脱げミーシャ。進行上仕方ないとはいえ気になるのだよ…!! 楽団後ろのスクリーンには夜の森と水面が。神殿から連れ出されて湖畔っていう設定なのかな。そして切られて水に沈むミーシャ。あの声は…って台詞があるし、合間に挟まれてるソフィアにごまかされているだけでエレウの呼び声が聞こえるくらいまでは息はあったのかしら。しかしソフィア役美味し過ぎる。
足音に合わせて舞台右端からエレウ登場。階段にしゅたっと飛び乗る陛下は可愛い。叫びは2日目までは録音?(じゃなかったら申し訳ない)に聞こえたのですが、以降本気で陛下が毎日叫んでて。切なくて毎日涙である。会場も啜り泣きが。スクリーンに一瞬映る白ミーシャがまた…(涙) しかし何故こっちは実写なのにじまは(笑) ここでも栗林さんは笑顔。なんかもうそういう演出なのかな…。お別れさ…の掛け合いは…いい!! ミーシャは陛下じゃないタナトス的なアレに連れていかれ。
最後曲が収まると同時にエレウが「さよなら、ミーシャ」っていうのが…!! これで白→黒に移行するのですね。暗転。

13 奴隷達の英雄
前曲をひいた切ない終わりからエレウの快進撃! 国民も軍隊としてスタンディング! 死せる乙女の演出を見てからだと、あの日の~知らずにまでのフレーズに涙が止まりません、陛下。一瞬でてくるタナトスは最初の日程では歌っていたような気がしますが、後半は演技だけだったような気がします。そのタナトスからエレウは2本の剣をGet。以降それで戦いますのー。剣を振り回すのに日によってマントにひっかけたりと王子と二人揃ってえらい萌えですな。DVDは上手い日に編集するのかしら。あとミーシャが逝ってしまったので女神は全員エレウについてます。そして奴隷達を解放し反乱軍結成ですね。お待ちください!っていうのはブックレットの剣突き付けられている金髪の人でした。シリウスは黒髪だったからもう一人の方だ。名前聞き取れない。気がつけばアメティストス将軍と呼ばれ始めていた彼ですが、やはり瞳の色からかしら。
そしてざーっと死んだ人がアイクに合わせて楽団後ろ字幕でスクリーンに。星屑の矢はオリオンでよいのかしら。若本あっけないなぁ。

14 死せる英雄達の物語
最初に王子と母上の会話。やっぱり王子は話してるようには聞こえない…。はって馬を駆るのが可愛い。
そして指揮官代理近衛兵の出番だ! 将軍に続けーってやるアクターさんは、その時だけマイクつけてるのを確認しました。飛田じゃないのか、飛田とユニゾンなのか。黒髪のシリウス?役の彼はおいしいですな。アメティストス軍は兵士の服も紫ですね。陛下2本の剣で立ち回るのですが、やはりマントに引っ掛かる。萌え! どうでもよいですが、やっと最近コーラスの歌詞が聞き取れてきました。
最終日だからか、初のバルコニーだったからの状況把握が可能だったのか判りませんが、ようやく18日にして左右両軍に国民がわかれられた気がします。そして2人の英雄の争い。いつの間にかエレウがレオンの雷槍を奪っていて、レオンと庇った母上共々討ち死に。追い掛けてアレクサンドラも死んだようなのですが、彼女は何で死んだんだろ。

15 神話の終焉
再び幕が張られ扉のようなものが。アイクが喋ってる時は毎日誰もいなかったのですがELYSIONの日(4日目)だけ例外で通常盤のジャケ左下にいたオルフェ的な彼が。そういえば本編に姿なかったなぁ。Eだけいたとなるとやはり彼はオルフェ? あと玉座にいる人も毎回違っていてですね。はて?
最後のズボリン夫妻についた髑髏も違う。見た人がきた日によって解釈がかわるようにしてるのかなぁ。

16 神の光
やっぱりきたきたボーナストラック。スクリーンはひいたまま、階段に6女神が座って歌います。スクリーンは歌詞にあわせて自然破壊の様子が。人間と書いてあなたがたと読ませるあたり、語り手は女神なんだなと再認識。最後のフレーズ「それでもお征きなさいこ等よ」をれみとさえこさん(内藤さん)がユニゾンで歌うのですが会場に響き渡る余韻がすごい。
そしてスクリーンに覚悟はありますかってでて会場拍手。舞台に楽団からアクターから歌い手から全員集合して通常盤に限りなく近い立ち位置でスタンバイ。オーリオン役のかえでちゃん?が幕を開けてみんなであのフレーズを合唱して一礼。
そして本編は終了! 



そしてもはやサンホラ恒例といってもいい、合唱によるアンコール。みらに沢山使われているギターが下りてくるメロディですね。割と高音を普通に要求するSっ気(笑) しかも長いよね! いや、陰でいろいろしてるのは判るけど。

そしてアンコール突入! 2日目はれぼとすを呼ぶためにじまが代行してましたが、たいていエレウがでてきていたようです。
アンコール自体は6日間あるので旧StoryCDを毎日振り返るのが1曲、毎日リードボーカルを変えたハジクロで合わせて2曲。11日chronicleDayはみき&しもつきんで歌姫を高級娼婦でぱろって、リードボーカルは確認とってないけど消去法で多分みき&しもつきんだったのかな。この日だけ行ってないのが悔やまれる。13日ThnatosDayは壊れたマリオネットをれみ&れぼとすで。多分この日に内藤さんもリード取るんだったのかなぁ。代わりにれぼとすが。れみがまじ可愛くてうはうはした。タナトスverなので、君は何処までもはばたいて墜ちるとか割と酷かった(笑) 14日lostDayは岩崎さんと栗林さんとしもつきんとじまんぐで魔法使いサラバンドを。リードボーカルは岩崎&栗林のゲスト組でしたね。15日elysionDayは女神と栗林さんで楽園-SideE-をねぇエレウ?ってセルフカバーしてました。リードボーカルはまさかのアイク&じま。アイクボーカルデビュー! でもマイク客席に向けててあまり歌ってなかったかな。17日RomanDayはまさかの宇都宮さんと陛下ツインボーカルで朝夜。勿論双子の人形もいましたよ。リードは普通にゆうき&かおり。そして最終日18日はMOIRADayかと思いきやくどいでしょって事でなんと予想外イベリアから侵略する~をフル面子で。あ、宇都宮さんはいなかったな。リードボーカルは万を期して宇都宮さん&陛下で。やったら爽やかなハジクロでした(笑)


何はともあれ、13日から18日までのほぼ一週間ギリシャの陛下の脳内へいってこられてすごく幸せでした。カラオケ泣かせな今回のアルバムですが、精進します。うん。一度はFCやめてもいいかなーってくらいに落ち着いてた時期もなくはなかったのだけど、ついてきてよかったなぁって思った。まーまた次にCD出すのはまだまだ先だろうけど、楽しみにまちます陛下。国民の1人として。みら最高でした。

取り合えず早くDVDでないかな^^
 
スポンサーサイト
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
<< ~10月13日 | HOME | sound horizon 6th storyCD concert~それでもお征きなさい仔等よ~(1) >>

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→ http://moonsong.blog4.fc2.com/tb.php/409-206b8ea1
この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。