スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
うみねこのなく頃に 散 ep.7 (3)
感想プレイメモ第三弾。まだまだ佳境にはほど遠く感じる。今回解決編とのことですが、今までのように最後熱い展開とかはあるのだろうか…。いまのところひたすら焦らされていますジリジリ。今回からの新要素の説明しかされてないよぅ。

真里亞への聴取~「生きた猫」について。
今回も3章分。頭から数えて。8章まで、かな。
よろしければ追記からドウゾ。

 
控え室
従兄妹組への聴取、マリアの誕生、1986年のベアトリーチェと出会い、交流。
語られなかったベアトリーチェを暴く=葬儀。立ち絵すら出てこないなぁと思っていたけど朱志香は此処で登場。どうやら戦人は不在。やはり戦人は存在しない人間なのだろうか。朱志香と理御のいじりあいの表現はひぐらしを思い出すなぁ。ほっこり。'観劇者特権'はウィルの右手に宿る、つまり握手をすれば装飾という過程の魔法なき真実をみれるってことかな。
真里亞の父の不在から魔女マリアが出来たのか。父のことに関しての楼座の対応はやっぱりモニョーンってするね。このマリアとベアトリーチェの出会いは誰か何かしら人間っぽいんだよなぁ。特に最後の手を洗う云々の辺り。少なくともパラソルの下にいるような季節で、キャラメルで家に持って帰ったりしたらまぁとけかかるよね。そういったこと全てを計算して真里亞を信じ込ませたような。楼座と隣り合わせの席になるっていうのはそんなに大事? かな? 親族が蔵臼と楼座一家だけだったなら、理御がいない状態でなら成立する…よね? いるとずれるから成り立たないけど。この真里亞と会ったベアトを認識していたのは使用人の一部「源次、紗音、嘉音、熊沢、南條」 一応メモ。ベアトリーチェの目的は戦人に認めさせること。これはそうなんだろうなぁ。マリアージュ・ソルシエールについてはベルンが聞かせないっと。さっきほどあからさまではないけど、これも紗音嘉音に関してと同じくらい根幹なのかな。真里亞への聴取は此処で一度おしまい。


控え室
朱志香・譲治への聴取、過去の親族会議の様子、貴賓室での奇怪な出来事、入り混じったカケラ。
理御はバトミントン部部長。なんか思わずメモ(笑) ぺったんぺったんどっきゅんどっきゅんww ところでうみねこキャラソンは続き出ないんですか_ノ乙(、ン、)_ 売れなかったんですか…。戦人一応主人公じゃないの歌わせてあげて…。
「子供の夢を尊重するのが大人だ」 これが夜のベアトの根幹かなぁ。そしてあれですね、ウィルは言葉や態度が率直な分、周囲に照れを振りまきますね。朱志香の回想中に戦人の名前は出てきたな。つまり存在はする訳か。ただ、私が認識してる戦人と同一じゃない可能性があるだけねー。うっかり発動した特権によって過去回想スタート。朱志香の'なりたいもう一人の自分を生み出す'というEP2の発言。まぁすっかり忘れ去っていたよね! 他の音がついてる使用人はともかく、熊沢に関して言えば、娘ベアトを知っていたはずで、この朱志香に対応するスタンスがつかめない。郷田はまぁ判るんだけどね。紗音もなぁ。微妙。
朱志香の貴賓室での肝試し。フランス人形の写真に素でびびったよぅ。写真の撮り方がこわい。ベアトリーチェに教えてもらった懐かしい童謡。童謡ときいて鯖? ワルギリア?とかなんか思った。これもまた確証はない。真里亞の電話にしたって、親族は帰った後なんだから、まず貴賓室に電話かけるにしても内線で一回中継してるはずだよね? 人間の仕業だと考えるなら録音という可能性も…。でもそんなことする必要性は何処に? って此処まで打ち込んだらその直後に朱志香に同じこと言われた。oh. そしてもう一度座席の話。縁寿が朱志香の右? 金蔵の席はどうなってるんだっけ。そして理御が存在する世界ではベアトリーチェは魔女としての性質を持っていない、と。さっきの真里亞の座席もそうだけど、多分魔女のいる世界での出来事を語っている場合、序列に理御が加わってないってことかな。序列が入り混じってる。頭パーン。


礼拝堂
魔女のベアトリーチェとは?、理御のこと。
1986年のベアトリーチェを誰が殺したのか。成る程魔女の扮装云々がまずミスリード。楼座を黒い魔女と母親と分けて考えていたことから、内面が変われば別人とみなしていた、とね。ベアトリーチェを殺した犯人は2人。1人は「概念ごと殺す存在(死んだ猫)」もう1人は「演じて生み出しそして殺した存在(生きた猫)」 そしてそのうち前者が理御と。前章で気にしてた序列に関しては概ねその通りだったみたい。
「死んだ猫」→まぁほんのりそうかなぁと思っていたけど、理御は娘ベアトと金蔵の息子かぁ。やっぱり手を出しちゃってたのね…。カケラの魔女が故に理御を引っ張ってこれた、と。しかし確立が酷いことに。2578917分の1て…。桁が壮大すぎて感覚が掴めないぜ…。そしてあ…れ…理御は男なの女なの結局どっちなの…女に見えてきた…ぞ…?
「生きた猫」に関してはとても…保留されていました。すごい焦らしプレイだ。戦人がいなかったのは間に合わなかったことをしめしていたのね…しょんぼり。頭の悪い私にはまだまだわからないよー。0時の時点で何処にいても殺せるってどういうことなの。


3章分溜まったので此処まで。
次からすごく動く気がする。
 
スポンサーサイト
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
<< うみねこのなく頃に 散 ep.7 (4) | HOME | うみねこのなく頃に 散 ep.7 (2) >>

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→ http://moonsong.blog4.fc2.com/tb.php/512-f3fcddc2
この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。