スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | トラックバック(-) | PAGE TOP ↑
うみねこのなく頃に 散 ep.7 (4)
一日プレイできなかった。いやんなところでお預けでした。
そして明日から大阪にいくので月曜までプレイできない…うっ。気になる…。


舞台にてクレルの語り第1章~第4章まで。
 
舞台
平行世界の理御→ベアトリーチェ、第1章、19年前の赤子のこと、源次の様子見。
おーっと、そしてまたベアトににた白っぽいそっくりさんが。さっそくCharactorに反映されてますね。「クレル・ヴォープ・ベルナルドゥス」 人格がないってのはどういうことかしらん。ゼパルフルフルと共に語りだし。
1976年4月。第一章'新しき生活' 本の様な装丁かっこいいね。一瞬過ぎて次の文字とか読めなかったけど。福音の家の先輩が…とても…ルシファーでした…。七姉妹は福音出身の子達ってことなのかなぁ。例えばそうね恋音とか? この章の視点ははてさていったい。紗音が友人としてでてくることを信じれば紗音ではあり得ないし。小学校に通うってことはつまり6歳? ぇぇぇ。10年前6歳なら16歳? なっぴーの公園デビューw 想像してちょっと和んだ。ああ、つまりこれが平行世界での理御=ベアトリーチェなのね。夏妃に拒絶されたってことは投げ捨てられてもまだ生きていたということだろうか。あ、そしてやっぱり他の七杭もでてきた。意地悪っぽい役だなぁ。そして源次がすべてを握っていたというお話。金蔵が主でないならそうなるか。


舞台
第2章、六軒島礼拝堂にて。魔女との出会い。
第2章'初めての友人' 本の演出カッコイイね。前のEPでもあったけど。赤字の。あれもよかったなぁ。視覚的に見えるって言うのはやはり。臨場感が。そしてベアト?の六軒島での生活。うわぁ、鯖の階段で魔女の音使うのずるいよ。油断してたから普通に吃驚した…。なくした箒探し。うみねこってアレだよなぁ一人称だから中々こう真実か否かがわかりにくいんだよなぁ。普通に考えたら先輩からの嫌がらせにもみえるしねぇ。あれ、そして魔女っていうかガァプ。あれ。友人て魔女だったの。この礼拝堂の中で起きたことは全部過程の装飾で説明できるしなぁ。はて。


舞台
第3章、おまじないとその効果、日々を楽しむこと、推理小説=魔女とのゲーム。
第3章'虜になる日々' 熊沢さんはすごいとおもった。鯖侮りがたし。小さい子に物を教えるっていうのはこうだよねぇ…。孫だって知ってたのは源次・熊沢・南條の3人かな。七杭…あのデフォルト衣装だとそうでもなかったですが、メイド服で並ばれるとついopp(自主規制) 熊沢とのくだりはホントおばーちゃんと孫みたいな感じで可愛いなぁ。虜になるって何かな?と思っていたらどうやら推理小説だった模様。「オチを破いて失わせれば。それは魔女小説、即ち幻想小説となる」 ベアト?のいったコレがうみねこそのものだよね。しかしベアト口調のガァプに違和感。ここら辺の解決はまだかしら。


なんか若干短いのでもう1章分いけるかな?

舞台
第4章、使用人の入れ替わり、鍵の消失、ヤス→ベアトへ。
第4章'新しき日々' 7杭の上から5人しかでてきてないなーと思ってたら、妹達は後からきたのね。なるほど。軽薄。ぉぉぅ。なくなったひとつの鍵ねぇ。ていうか先輩が全部いなくなったのに新しくきた2人までヤスって呼んでるのは何故? あ、数名は残ってる?のか。鐘音のこの鍵の事例だけに限って言えば別におかしくないよね。ヤスさん?がやったと仮定しても、使用人全員マスターキー持ってるんだよね? だったら事前に自分ので工作しといて入れ替えればよい訳でさぁ。鍵を外す暇はまぁなくても、入れ替えるだけなら出来なくは…。
そして唐突な魔女になる発言。これ実際に同僚にされたら目玉ポーンですよね! ていうか設定を変更?って…? 世界を作っているのがあたかも自分かのような発言。いや、一人称を装飾してるのならばそれもアリか? そして設定変更した姿が今のこのクレルな訳か。ん? ん? 紗音が学校にいってる設定に変わってる。紗音=ヤスだったのか? そして魔女としての人格が飛んだ? まぁヤス?の視点からだからだと思ってたけど、確かに時々失敗するっていう今までの紗音のイメージと、これまでの章の完璧っぷりはずれていたよなぁ。理想の人格だったということか。まだまだ謎まみれー。

クライマックスまであと少し? まだまだ?
 
スポンサーサイト
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
<< うみねこのなく頃に 散 ep.7 (5) | HOME | うみねこのなく頃に 散 ep.7 (3) >>

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→ http://moonsong.blog4.fc2.com/tb.php/513-1b97ab62
この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。