7th story CD 『Märchen』 歌詞・台詞等聴き取り。(2月7日更新)
2月7日某所台本情報等加味して、全曲細々改定。



1月14日 微修正。
12月26日23時修正。
12月19日4時5分修正。
12月18日2時55分修正。



Sound Hroizon 7th story CD 『Märchen』発売おめでとうございまーす!!! 『Marchen』
いつものように、14日フラゲしてまいりました。ずっとるーぷるーぷ。
早速聴き取りしてみたよー。

・CV表記は、恐らく、です。
・ドイツ語も同じです。
・著作権的なアレソレがあるので、表記されてない部分のみです。
・取り急ぎなので其の都度修正します。
・埋まってないドイツ語がんばる_( (_´x`)_

よろしければどうぞ!
何か修正などありましたらお気軽にコメント残してくださいな。
 
長いので、頁内リンク。

1. 宵闇の唄
2. 火刑の魔女
3. 黒き女将の宿
4. 硝子の棺で眠る姫君
5. 生と死を別つ境界の古井戸
6. 薔薇の塔で眠る姫君
7. 青き伯爵の城
8. 磔刑の聖女
9. 暁光の唄





+宵闇の唄+

(0:06)
――そして、 【第七の喜劇】 は繰り返され続けるだろう……
(Und die sebte Komoedie für sich wiederholen)(CV.Sascha)

(0:20)
sieben 此の身を焼き尽くすのは
sechs 浄化を謳う欺瞞の焔
fünf 此の心を灼き尽くすのは
vier 復讐を唄う憎しみの焔
drei 飢餓と病 疑心と殺戮
zwei 井戸の底に潜む 暗黒の時代よ
eins 黒き死の如く 連鎖していけ
【Marz:メル】 地獄に堕ちても…

「ア・イ・シ・テ・ル」

(0:54)
此の物語は虚構である。(Diese Gesichite ist Fiktion)
然し、其の全てが虚偽であるとは限らない。(Doch, deswegen ist nicht alles an ihr erfunden)

――そして今、(Und jetzt)
此の地平に宵闇が訪れた……。(Dunkelheit wird sich über die Lande.)

終焉へと疾りだす、夜の復讐劇、第七の地平線。(Denn die Ende entgehen, eine nächtliche Rachetragödie. der sebte horizont 《Märchen》)

(1:56)真っ白な其の頁(かみ)
(2:07)抱いていた可愛い少女(Mädchen)

(2:12)
「ウフフッ、愛シテルワ【Marz:メル】 コレデ私達、ズットズーット一緒ネ? キャハハハッ」(CV.藤田咲)

(3:08)
「7人の女優達よ(Schauspielerin)!」
「さぁ、美しすぎる屍人姫にご登場願おうか?」(CV.Revo)

(3:15)Drei Zwei Eins null! (CV.Sascha)

(3:24)お嬢さん(Fräulein) 君は独り(du bist allein.)
(3:35)小さな口(Mündlein) 七の苦悩(sieben Pein)
「さぁ、唄ってごらん…?」(CV.Revo)

(3:46)Kam… Kam… Die Nacht kam. Das sieben"Märchen". Lalala…

(4:17)七つの童話(Märchen)

(4:36)光と闇が織り成す世界(Mosaik)の中に

(5:20)Kam… Kam… Die Nacht kam. Das sieben"Märchen". Lalala!

(6:10)「黒き死を遡るかのように、旋律は東を目指す!」(CV.Revo)

(6:17)
Chorus 交響曲第九番
Freude, schöner Götterfunken,
Tochter aus Elysium
Wir betreten feuertrunken.
Himmlische, dein Heiligtum!

Deine Zauber binden wieder,
Was die Mode streng geteilt;
Alle Menschen werden Brüder,
Wo dein sanfter Flügel weilt.

(7:19)
「Ich wollte hier nicht verenden. Das geht dir doch auch so, oder, Junge?」「Ja.」
「Du hast noch Dinge zu tun auf Erden?」「Ja.」
「Die Zeit ist reif.Empfange mich mein kind!」
「Zwei Flammen in sich tragend.auf jenes Mädchen wird bald erwachen!」井戸?

(8:06)宵闇ニ踊ル深紅(アカ)ト漆黒(クロ)ノ影...

(8:19)Dunkelheit wird sich über die Lande.Denn die Ende entgehen, eine nächtliche Rachetragödie. der sebte horizont 《Märchen》(CV.Sascha)


(9:02)「さぁ、潔く、死んでから出直してくれたまえ!」(CV.Revo)

(9:07)sieben sechs fünf vier drei zwei eins null!(CV.Sascha)

(9:18)お嬢さん(Fräulein) 君の輝き(dein Schein)
(9:33)小さな川(Bächlein) 緋い葡萄酒(Rotwein)

(9:39)
「ウフフッ。愛シテルワ【Marz:メル】 ズットズゥーット二人デ復讐シ続ケヨウネ?
 オ馬鹿サンノ復讐ヲ手伝ウ事コソ、私達ノ復讐! コレナラ、永遠ニ続ケラレルワ。
 ダッテ、人間ハ憎シミアワズニハイラレナイイキモノナンデスモノ!アーッハッハ!」(CV.藤田咲)

(10:06)~『Märchen』~(CV.Sascha)
(10:10)「ウフフフ、アーッハッハ」(CV.藤田咲)




+火刑の魔女+

(0:01)「Völlerei(暴食)」(CV.Sascha)

(0:11)
「罪を祀る、歪な祭壇。神に捧げられた屍。
君は何故、この境界を越えてしまったのか? さぁ、唄ってごらん…」(CV.Revo)

(1:28)
小川を渡り お化け樅の木を左へと 其処に佇む私の生家

(2:05)
「でてけー!」「でてけ―!」「あっ」
「まじょー」「まじょー」「気持ちわリぃんだよ!」
「でてけでてけー!」「~~だよー」(他子供の追い出す声)

(2:21)母さん(Mutti)

(3:20)
「堕落した聖職者共を、一掃するのだー!」
「町境の聖堂台を打ち壊し、真の信仰を我らの手で!!」
「キャー! やめてー! やめてください!」「やめてよ、ねぇ!」
「逃げましょう! こっちよ!」(他、町人の喧騒)(女性の声)

(4:12)
小川を渡り お化け樅の木を左へと 其処に佇む私の生家

(4:29)
「ただいま、母さ…えっ!」(CV.彩乃かなみ)
「おおお…。イェズス様の遣いの方だね、よくきてくださったぁ。」(CV.MIKI)
「固いBrotですが、御口に合いましたか」(CV.彩乃かなみ)
「幾らでも食べられるよぉ!」(CV.MIKI)
「ご夫人(Frau)!? 私が誰だか判らないのね?」(CV.彩乃かなみ)
「何を訳の判らないことを言ってるんだい」(CV.MIKI)
「お前も私を差別するのか! 寄越せ! もっと食い物寄越せ!」(CV.MIKI)
「きゃああああああ!!」(CV.彩乃かなみ)

(5:34)
「成程、其れで君は祀られてしまった訳だね? 不本意ながら。
 少々時間は掛かるが、子供の恨みは、子供が晴らすものさ。
宜しいかな? さぁ、復讐劇を始めようか…」(CV.Revo)

(6:04)可愛そうな兄妹
(6:20)パン屑の道標を消し

(6:22)
「パンくずが…食べられてる…」(CV.桐山和已)
「あ! ねぇ、お兄ちゃん、面白い鳥がいるわぁ!」(CV.小林さゆみ)
「ほんとだ、追いかけてみよう!」(CV.桐山和已)

(6:56)
「「誰かいませんか?」」(CV.桐山和已)(CV.小林さゆみ)
「おやまぁ、可愛いお客さまだこと。腹が減ってるのかい? さぁ、中へお入り」(CV.MIKI)

(7:11)焼き菓子(Lebkuchen:レープクーヘン:香辛料・蜂蜜をつかったケーキ)

(7:58)
「うまい! うまい! 【Gretel:グレーテル】も食べなよ!」(CV.桐山和已)
「うん! 美味しいね、お兄ちゃん」(CV.小林さゆみ)
(8:07)
「うまい!」(CV.桐山和已)
「お、お兄ちゃん!?」(CV.小林さゆみ)
「うまい! 【Gretel:グレーテル】 要らないんだったら、お前の分もくれよ」(CV.桐山和已)

(8:29)
「!? うわぁぁぁぁぁぁ…」(CV.MIKI)
「私たちを食べようったって、そうはいかないんだからね!」(CV.小林さゆみ)
「すごいぞ! 【Gretel:グレーテル】! これで魔女もおしまいさ」(CV.桐山和已)
「おとなりの 【Tomas:トーマス】 にも自慢してやらなきゃね!」(CV.小林さゆみ)
「おぅ、悪い魔女は火あぶりさ。これでお宝は僕たちのもの!」(CV.桐山和已)
                       「私たちのもの!」(CV.小林さゆみ)
「おーい、【Tom:トム】!」(CV.桐山和已)
「【Tom:トム】!」(CV.小林さゆみ)
「よぉ、【Hans:ハンス】! ってお前、何でそんな太ってんだぁ!?」(CV.沢城みゆき)
「「じゃっっじゃーん!!」」(CV.桐山和已)(CV.小林さゆみ)
「っひょぉー! こいつはついてるぜ!」(CV.沢城みゆき)
「「「あははははは」」」

(9:01)
「森に住む、孤独な老婆は、全て魔女なんだそうだよ?」(CV.Revo)
「モォー、子供ナンテ図々シクテ、嘘吐キデ、私ハ大嫌イ。キャハハハハハ!」(CV.藤田咲)




+黒き女将の宿+

(0:01)「Geiz(強欲)」(CV.Sascha)

(0:10)
「宵闇の風に揺れる、愉快な黒いブランコ」(CV.Revo)
「君は何故、この境界を越えてしまったのか? さぁ、唄ってごらん?」(CV.Revo)

(1:28)
「みんなの為だ」「これも、みんなの家族の為だからな」「んだ」「みんな、いくぞー!」
「必ず帰ってくるからな」「心配さするでねぇぞ」「馬鹿な真似すんじゃねぇっ」
「~~、おら、やるぞー!」

(1:46)
「ゲェーフェンッバウワァ将軍にっ! 続けぇー!」(CV.飛田展男)
「でやー!」「うりゃー!」 (背後戦う音、剣戟等)
「うてー!」(CV.飛田展男) 「おっかー…」

(2:38)「そしておらは、遠くの町へと……売られた…」(CV.REMI)

(2:47)
年齢不詳。性別も不詳。出遭えば不詳。まさに人生の負傷。
胡散臭い女将が、夜な夜な暗躍する宿屋。
其の名を 【黒狐亭】 という!
(Von unbekanten Alter und Geschlecht. Begegten verheißen Pech. an Leben ist mehr schlecht als recht.  Der Gasthof der Verdächte "黒狐亭".)(CV,Sascha)
(3:27)
「おぉ、邪魔をするぞー」(CV.大川透)
「邪魔すんなら、帰れ」(CV.REMI)
「女将さん! 女将さん!」(CV.REMI)

(3:38)
「ん~…なによぉ♡」(CV.Jimang)
「お客様がお待ちになってやがりますだよ」(CV.REMI)
「んんん…(咳払い)」(CV.大川透)
「んもぅ! うるさいわねぇ!」(CV.Jimang)
「んー!?(怒り)」(CV.大川透)
「今、折角いいところだったのにぃ!」(CV.Jimang)
「あのなっ!」(CV.大川透)

(3:50)
「はっ!?」(CV.大川透)
「あぁ?」(CV.REMI)
「わーかったっつってるべぇ」(CV.REMI)

(4:40)麦酒(Bier) 最高な肝臓料理(gute な Leber Kochen)

(4:05)
「うーむ」(CV.大川透)
「うめぇだよー」(CV.REMI)
「おぉ、そうか麦酒(Bier)ね。成る程、うむ。よぉしもらおう!」(CV.大川透)
「あー! ちょっと失礼!」(CV.Jimang) 「おぉ?」(CV.REMI)
「こらぁっ!」(CV.大川透)

(4:16)
「あんれぇ」(CV.REMI)
「おいおい、一体どうなっているんだ!? 仮にも、此処は酒場だろう!」(CV.大川透)
「何言ってんだ、ここは宿屋だ、しょうがねーな」(CV.REMI)

(4:27)
「皆さぁ~ん」(CV.Jimang)
「わー」(CV.REMI) 「出た! 何処行ってた!」(CV.大川透)
「お・ま・た~! 産地直送のレバーよぉ~!」(CV.Jimang)
「こりゃすごい」(CV.大川透) 「わーすげぇ」(CV.REMI)
「ひゃっひゃっひゃっひゃっ!」(CV.Jimang)

(4:43)
「いやぁー、うまかった! こりゃ素晴らしい!」(CV.大川透)
「んだんだ」(CV.REMI)
「いやぁ、こんな田舎でこんな料理が食えるとは! はははは!」(CV.大川透)
「こんな田舎で悪かったな」(CV.REMI)
「ひゃっひゃっひゃっひゃっ!」(CV.Jimang)

(4:53)
「屍体がないなら作ればいいじゃなぁい?
おらもういやだぁ。貧しいのはぁ、ひもじいのはぁ。あんな惨めな思いはもういやー!」(CV.Jimang)

(5:38)
「成程、其れで君は吊るされた訳だね? 残念ながら身に覚えのない罪で。
 其れが事実であれ、虚構であれ、奪られたものは取り返すものさ。さぁ、復讐劇を始めようか!」(CV.Revo)

(6:22)「オラの肝臓を返せ…」(CV.REMI)
(6:26)「ぎゃーー!!!!」(CV.Jimang)

(6:35)
「楽して儲けようとしても、中々、上手くいかないものだね」(CV.Revo)
「アンナ杜撰ナ計画、巧クイク方ガ可笑シイノヨ。ウッフフフフフ!」(CV.藤田咲)




+硝子の棺で眠る姫君+

(0:01)「Neid(嫉妬)」(CV.Sascha)

(0:11)「硝子の棺、眠る姫君、君は何故、この境界を越えてしまったのか? さぁ、唄ってごらん」(CV.Revo)

(1:35)《王妃様》(Die Königin)
「ほっほっほっほっほ!」(CV.MIKI)

(2:26)《王妃様》(Die Königin) 《雪白姫》(Schneewittchen)
「キィ――――!!!!!」(CV.MIKI)

(2:35)
「はぁ~~~!! はぁっはぁっ!! はっはっはっ 姫ぇー!」(CV.Jimang)
「はぁっ はぁっ はぁっ こっちこないで!」(CV.黒沢ともよ)
「ああぁぁ 姫!」(CV.Jimang)
「爺や!」(CV.黒沢ともよ)
「待っとくれぇ」(CV.Jimang)
「無理―!!!」(CV.黒沢ともよ)
「姫ぇ!」(CV.Jimang)

(2:48)「はぁっ、はぁっ」(CV.Jimang)
(3:00)「きゃっ」(CV.黒沢ともよ)
(3:25)「うんっ!」(CV.黒沢ともよ)

(3:44)「ふわぁ~…」(CV.黒沢ともよ)
※3D上映のみ「疲れちゃったぁ…」

(3:51)
「あー! おいらの寝床で誰か寝とるんげん!」(CV.)
「「「マジデ!?」」」
「死んでらると?」(CV.)
「あー、まだ生きてるっひ!?」(CV.?)
「皆、どうするんだれっく?」(CV.?)
「「「う~~ん」」」
「こういう場合は大抵王子様が接吻すればいいねん」(CV.?)
「「「おぉ!」」」
「で、誰かこの中に王子様はいるんしゅたいん?」(CV.飛田展男)
「や、この際おじさまでもいいんじゃね?」(CV.中村悠一)
「「「それだ!!!」」」 「「「んー! んー!」」」
「Guten Morgen!」(CV.黒沢ともよ)
「「「おー! ほー!」」」

(4:18)
「貴様、何者だ!」(CV.?)
「私の名前はIdolfried Ehrenberg “イド”と呼んでくれたまえ」(CV.Revo)
「ふざけるな、【Cortés:コルテス】は何処だ!」(CV.?)
「君の様な低能に教える義理はない」(CV.Revo)
「うるさいっ!」(CV.?)

(4:20)「もし」(CV.MIKI)

(4:46)林檎(Apfel)
(5:06)疑惑(Zweifel)
(5:13)悪魔(Teufel)

(5:17)
「いただきます」(CV.MIKI) 「いっただっきまーす! あぅっ!」(CV.黒沢ともよ)
「くひひっ」(CV.MIKI)

(5:35)《王妃様》(Die Königin)
「おーっほっほっほっほっほっほ!」(CV.MIKI)

(5:38)
「成程、其れで君は騙された訳だね?
ならば、ある男の特殊な性癖を、君の復讐に利用してみようか? さぁ、もう暫し。
運命の相手は夢の世界で待つものさ!」(CV.Revo)

(7:12)
「Zwerg(小人)達よ。その屍体を私に、譲ってはくれないか?」(CV.鈴木結女)
「こいつ」「どう」「みても」「おう」「じ」「さま」「よし!」※先ほどと喋る順番は同じ。
「「「いんじゃね?」」」

(7:20)「さぁ、もうすぐあの阿呆共がやらかすぞ? 心の準備は宜しいか? お姫様?」(CV.Revo)

(7:22)
「お前達、くれぐれも慎重に運ぶのだぞ」(CV.鈴木結女)
「「「はい、殿下!」」」
(取り落とす)
「わぁ!」(CV.鈴木結女)
「Guten Morgen!」(CV.黒沢ともよ)
「「「わぁぁぁ」」」 「あぁぁ…」(CV.鈴木結女)

(7:47)
「さぁこいっ!」(CV.?)
「うっ」(CV.MIKI)
「あっ」(CV.?)
「あーっははははははは!」(CV.黒沢ともよ)

(7:54)
「あははっ 何それ?」(CV.黒沢ともよ)
「ぎゃー! あちっあちっあちっ!」(CV.MIKI)
「もっと上手に踊ってくださらない? 折角の可愛い娘の婚礼なのよ?」(CV.黒沢ともよ)
「あちちちちっ! あちちちちっ!」(CV.MIKI)
「あーっははははははは!」(CV.黒沢ともよ)
「キャーーーー!!!」(CV.MIKI)
「何て事だ…」(CV.鈴木結女)

(8:13)
「鏡ヨ鏡、【Marz:メル】鏡。此の世界デ一番可愛イノハ誰カシラ? ウフフッ」(CV.藤田咲)
「勿論、其れは【Elise:エリーゼ】姫さ」(CV.Revo)
「本当? 嬉シイ! キャハハハハッ!」(CV.藤田咲)




+生と死を別つ境界の古井戸+

(0:01)「Trägheit(怠惰)」(CV.Sascha)

(0:10)
「おや? 君も落ちてしまったのかい?
初対面の筈だが、この奇妙な親近感は、一体、何処からやってくるのだろうね?
まぁいい、君は何故、生と死を別つ、この境界を越えてしまったのか?さぁ、唄ってごらん…」(CV.Revo)

(1:04)(1:40)お父さん(Vati)

(2:19)「あー!」(CV.Ceui)

(2:28)乙女(Lorelei)

(2:34)「えーん…えーん…えーん…えーん… ただいま…」(CV.Ceui)

(2:59)
「どうしよう、お父さん(Vati)。最悪、そっちにいきまーっす! せいっ」(CV.Ceui)
Drei       Zwei       Eins

(3:07)
「成程、君も中々、健やかに悲惨な娘だね? 復讐に迷いがあるのなら、時間をあげよう。
この境界の古井戸の中で、もう暫し、憾みについて、考えてみるといい」(CV.Revo)

(3;46)衝動(いど)を抱いた男(イド)に遇って
(4:07)お父さん(Vati)

(4:35)「ウフフッ」(CV.藤田咲)

(5:01)
「Bass!」「Gitarre!」「Klavier!」「Danke schön」(CV.Ceui)

(5:24)
「元気のいい娘だねぇ」(CV.井上あずみ)
「キャー!?」(CV.Ceui)
「…あははは! 怖がらなくていいのよ」(CV.井上あずみ)
「あ! 貴女はひょっとしてあの、御伽噺によく出てくる、【Holle:ホレ】おばさん!?」(CV.Ceui)
「まぁ、口の悪い娘ね。おばさんじゃなくて、お姉さんと御呼びなさい?」(CV.井上あずみ)

(6:56)
「これっ、調子に乗るんじゃありません。
けれどまぁ、貴女も今日まで、陰日向なくよく働いてくれたわ。
帰郷の願い、特別に叶えてあげましょう。ホレっ!」(CV.井上あずみ)

(7:14)「わぁ!?」(CV.Ceui)

(7:20)
「それは君の働きに対する報酬だ。まぁ、遠慮なく貰っておきたまえ。
 尤も、君の勤務態度が不真面目だった場合、別のものが降ってきていたのかもしれないが…」(CV.Revo)

(7:40)「ただいまー!」(CV.Ceui)

(8:02)《可愛い実子(ちぃ)ちゃん》
「うん…あたい頑張る」(CV.石井千夏)

(8:13)
「さぁ、復讐劇の始まりだ!」(CV.Revo)

(8:19)「ふぇぇぇん」(CV.石井千夏)

(8:24)瀝青(チャン)

(8:39)
「やだ、これ何か取れないよ!」(CV.石井千夏) 「あははっ」(CV.Ceui)
「やだやだやだ!取って、取ってよMutti!」(CV.石井千夏)
「あぁ、可哀想な…」(CV.MIKI)
「あら、いいじゃない。お似合いよ、ちぃちゃん、あははっ!」(CV.Ceui)
「やだやだ! わぁ! やだやだやだやだ! やだやだ! やだやだやだやだ!」(CV.石井千夏)
「こんな良い子が、どうしてこんな惨い目に」(CV.MIKI) 「ヤダ!」(CV.石井千夏)
「あははっ」(CV.Ceui) 「ヤダー!!!」(CV.石井千夏)

(9:02)
「今回は、随分と、可愛い復讐だったね?」(CV.Revo)
「アラ、一生瀝青(チャン)塗レナンテ、女ノ子ニトッテハ、死ヌヨリ辛イ罰ダワ! アハハ!」(CV.藤田咲)




+薔薇の塔で眠る姫君+

(0:01)「Hochmut(傲慢)」(CV.Sascha)

(0:10)
「呪いと、祝いの境界。処女が堕ちた闇、深い微睡みの中…
薔薇の塔、眠る姫君、君は何故、この境界を越えてしまったのか?
さぁ、唄ってごらん…」(CV.Revo)

(0:51)【七の罪科】(Siebt Schuld)

(1:16)妃(はは)

(1:20)「はー…」(CV.谷井あすか)

(1:31)「まぁ!」(CV.谷井あすか)

(1:35)王(ちち) 姫(わたし)

(1:49)【七の罪科】(Siebt Schuld)

(2:06)
「おお! 良くぞ参った!」(CV.中村悠一) 「よくきてくれました」(CV.谷井あすか)
「お招き頂き光栄ですわ、陛下。姫様へのお祝いに、五徳をお送り致しましょう」(CV.沢城みゆき)
「私(ワタクシ)は美貌を!」(CV.沢城みゆき)
「それでは、私は冨を」(CV.沢城みゆき)
「では、私(わたし)からは…」(CV.沢城みゆき)
「あーら、これはこれは。皆様御揃いで」(CV.MIKI)
「「まぁ、あら」」
「今宵も御機嫌麗しいようで。結構ですこと? おーっほっほほ! 全く! いい面の皮だね!」(CV.MIKI)
「失礼な!」(CV.谷井あすか)


(2:58)《十三人目の賢女》【Alterose:アルテローザ:古き薔薇】

(3:16)
「若いのぅ…」(CV.沢城みゆき)
「十五年後が楽しみだねぇ。【Aprikose:アプリコーゼ:杏】」(CV.MIKI)
「ふふふふ…、どうかしら?」(CV.井上あずみ)
「ほーっほっほっほっほっほ!」(CV.MIKI)

(3:52)【七の罪科】(Siebt Schuld)

(4:02)「どきどきだわ…」(CV.下川みくに)

(4:08)焔(ひかり)
(4:25)螺旋型(ねじ)

(4:57)
「あっ!? これなに…?」(CV.下川みくに)
「ひっひっひっひっひ…」(CV.MIKI)

(5:02)
「成程、其れで君は、野ばらに抱かれた訳だね? 目覚めへと至る、接吻が欲しいのかい?
だが、残念ながら、私は君の王子様じゃない。さぁ、もう暫し。運命の相手は、夢の世界で待つものさ」(CV.Revo)

(6:14)「ふふふっ」(CV.下川みくに)

(6:18)伝説(いいつたえ)
(6:31)《捜し求めていた女性》(Elis)

(7:09)焔(ひかり)
(7:20)螺旋型(ねじ)

(7:32)
「さぁ、姫? 心の準備は宜しいかな?」(CV.Revo)
「いただきます」(CV.鈴木結女) 「んー!!!」(CV.下川みくに)
「復讐劇の、始まりだ」(CV.Revo)

(7:38)
予定調和な王子の接吻で姫が目覚めると、
役割を終えた野ばらは、立ち所に立ち枯れて朽ち果て、
長過ぎる午睡を貪っていた城の愉快な面々も、
何事も無かったかのように、彼等の愉快な日常を再開した。
Als der Kuss des biederen Prinzen die Prinzessin weckte,
verdorrten die nutzlos gewordenen Wildrosen, und
wo sie einst (blu hten)?, blieb Staub allein.
Auch die Menschen im Schloß, die viel zu lange in
tiefen Schllaf verfallen warden,
begannen ihr heiteres Tagewerk als wäre nie etwas geschehen.

「ちょっと聞いてよ この頃とんとねむれなくてさ…ふわぁーあ…」
「あら、寝不足はお肌の敵よ」
「ふんっ」「ぎゃー!!」
「何べん言ったら分かんだ小僧! マジでぶっ飛ばすぞ」
「さぁ観念なさい鶏肉ちゃん」
「もうぶっ飛ばしてるじゃないっすか親方~」

(7:57)【七の罪科】(Siebt Schuld)

(8:12)
「誰ぞ! 【alterose:アルテローザ】を捕らえよ!」(CV.下川みくに) 「「はっ」」
「もう二度と、この国の土を踏めぬものと思え!」(CV.下川みくに)
「野ばら姫よ! 忘れるな! 置き土産でもう1つ呪いをくれてやろう!」(CV.MIKI)
「あーっははははははっ!」(CV.MIKI)

(8:29)
――そして彼女は、
生まれた姫を森に捨てることとなる……。
(Sie aber nahm. Die neugeborene Prinzessin. Und setzte sie aus in dem Wald.)(CV.Sascha)

(8:41)
「アレハ転ンデモ、タダジャ起キナイ女ネ! ウフフフフッ!」(CV.藤田咲)
「御婦人方の矜持を傷つけると、恐ろしい事になるんだね」(CV.Revo)
「アラァ、当然ヨ! ウフフフフッ!」(CV.藤田咲)




+青き伯爵の城+

(0:01)「Wollust(色欲)」(CV.Sascha)

(0:10)「宵闇に朽ちた、楽園。吊るされた屍達。君は何故、この境界を越えてしまったのか。さぁ、唄ってごらん」(CV.Revo)

(0:40)「フハハハハ! アーッハハハハハハ!」(CV.大塚明夫)

(1:26)華飾衣(Kleid)

(3:09)不貞(イロ)


(3:29)(5人分)
「貴方!」 「ふっふふふふ!」 「やめて!」 「赦しが欲しいか!」 「きゃぁ!」 「跪け!」
「豚めっ!」 「ねぇどうしたの? いつもと何だか違うわ」 「座れ!」 「あ…あ…」「ハハハハハ!」
「(笑い声)」 「嗚呼! …やめて」 「御止め下さい!」 「さぁ旅立つがいい」 「ああぁぁぁ!」
「ごめんなさい、やめて、やだ、やだぁ」 「あぁっ!? そうだ、泣け! 喚け! (笑い声)」 
「(笑い声)」「いやぁ! 苦しい! あぁ…」

(4:24)相対者(あいて) 穴(Loch)
(4:30)≪私の槍で≫!(Longinus)

(4:35)
「アハハハハハ! アーッハハハハハハ!
 君を魔女として断罪した、恩知らずな豚共を、私は許しはせぬぞ!」(CV.大塚明夫)

(4:50)
「成程、其れで君は、いや、君達は吊るされた訳だね? この禁じられた、秘密の部屋に。
流された血は、宵闇に流される血で贖うものさ。さぁ、復讐劇を、始めようか」(CV.Revo)

(6:01)【屍体と衝動(イド)】
「キャー!!!???」(CV.沢城みゆき)

(6:08)
「秘密の部屋の鍵は何処だ?」(CV.大塚明夫)
「ええと…あの…その…」(CV.沢城みゆき)
「ほほぅ…私の命令に背いたか。よかろう、そんなに見たければいっそくれてやる。
 今日からお前もあの部屋の住人だ」(CV.大塚明夫)
「せめて! 死ぬ前にお祈りをさせて頂きとう存じます」(CV.沢城みゆき)
「ふふふふ、よかろう…」(CV.大塚明夫)

(6:29)
「助けてー!! 兄さん!!」(CV.沢城みゆき)
「…まだか。早くしろ」(CV.大塚明夫)
「早くしろ!」(CV.大塚明夫)

(6:41)
「ええい! もう我慢ならん!」(CV.大塚明夫)
「キャー!」(CV.沢城みゆき)
「うおぉぉ!」 「だーっ!」 「くたばれ青髭っ!」 「兄さん!」 「ふははは!」
「なんだと」 「くそっ、化け物が!」 (戦う声・音) 「【エリーザ?兄さん?】」「さぁ、こっちへ!」
(兄達の声)

(7:19)
「復讐というのは、歪な愛情の形なのかもしれないね」(CV.Revo)
「其レデモ、何故人間ッテ愛ト性欲ヲ切リ離セナイノカシラ? 気持チ悪イワ。アハハハハ!」(CV.藤田咲)




+磔刑の聖女+

(0:01)「Zorn(憤怒)」(CV.Sascha)

(0:10)
「参詣の途絶えた教会(Kirche)、旅歩きの胡弓弾き(Geigenspieler)、御像となった磔の聖女、
君は何故、この境界を越えてしまったのか? さぁ、唄ってごらん」(CV.Revo)

(0:35)
Es kam! Zeit des schicksals. Es kam!Zeit des Versprechens.
「さあ、お父上がお待ちです」(CV.大川透)

(1:59)
「殿下、お嬢様をお連れしました」(CV.大川透)
「うむ、【Elisabeth:エリーザベト】、ははは、喜べ! お前の結婚相手が決まったぞ!
 求婚してきたのは【Rheinpfalz:ラインプファルツ】だ。嫁き遅れには願ってもない相手だろう?」(CV.中村悠一)
「お言葉ですがお兄様…」(CV.Joelle)
「お父様と呼べと、何度言ったら分かるんだ」(CV.中村悠一)
「いいえ、お兄様。私(わたくし)は、何方の元にも、嫁ぐ気はございません!」(CV.Joelle)

(3:28)
「【Walter:ヴァルター】、お前と母上が身分を偽ってまで守ろうとしたものの結果がこれだ。
 ふっ、はははははははは…!! この馬鹿娘を磔にしろ」(CV.中村悠一)
「殿下…!!」(CV.大川透)

(3:41)
「成程、其れで君は、磔にされた訳だね? 一途な思いを貫くのも結構だが、
果たして彼は、君の死と引き換えてまで、本当に其れを、望むのかな?
まぁ、いい。さぁ、復讐劇を始めようか?」(CV.Revo)
「…いいえ。私はそんな事を望んでなどいないわ。人には其々、背負うべき立場と、運命がある。
 貴方が逢いに来てくれた。私にはそれだけで充分。ねぇ、本当に覚えていないの?
 今尚、眩い、あの日々さえも…」(CV.Joelle)

(4:26)(回想)
「それでも私、今とてもドキドキしているわ。だって森は、世界は、こんなに広いんですもの!」(CV.藤田咲)
「綺麗なお花」(CV.谷井あすか)
「わぁ、本当」(CV.藤田咲)
「つけてあげるよ」(谷井あすか)
「本当? 可愛くしてね」(CV.藤田咲)
「【Marz:メル】、絶対、絶対迎えに来てね」(CV.藤田咲)
「ああ……約束さ」(CV.谷井あすか)

(4:54)「【Marz:メル】、そんなになってまで、約束を守ってくれたのね…」(CV.Joelle)

(5:01)焔(ひかり) 愛(ひかり)を亡くした

(5:05)「おお、まことか」「なんとまことであったか」「聖女様!」「これならばそなたの罪も…」

(6:01)《門閥貴族の令嬢》(Von Wettin) 《七選帝候の息女》(Von Sachsen) 《一人の女》【Elisabeth:エリーザベト】

(6:56)
「何ヨ【Marz:メル】、サッキカラオカシイワヨ。ドウシチャッタノ! アンナ女ノ言ウ事、真ニ受ケチャ駄目ヨ! モウ忘レマショ。復讐ハ続ケナキャイケナイワ。譬エ何ガアッタトシテモ。ソレガ私達ノ存在理由デショ? ネェ、本当ニワカッテルノ? 【Marz:メル】」(CV.藤田咲)

(7:17)
「アアアアア! モウッ! ドウシテ分カッテクレナイノ!? 【Marz:メル】ノ分カラズ屋! 今ハモウ、私ダケガ貴方の【Elise:エリーゼ】ナノヨ! コレマデ楽シクヤッテキタジャナイ! 二人デ色ンナ復讐、手伝ッテキタジャナイ! コレカラモキット楽シイワ。ソウヨ、ソウニ決マッテイルワ。貴方ニハ私ガ、私ニハ貴方がイルモノ! コノママ続ケヨウヨ! ズット二人で続ケヨウヨ! ネェ! ズット。…ズットズットズット続ケヨウヨ! コノ世界ガ終ワルマデ。ウウン、コノ世界ガ終ワッテモ、ズットズット一緒ニイヨウヨ! ネェ、イヤ、イヤヨ【Mazr:メル】! イヤ! イヤイヤイヤァ! オ願イ! オ願イヨ…【Marz:メル】…。イヤアァァー!!」(CV.藤田咲)


(8:03)「もう、いいんだよ。【Elise:エリーゼ】…」(CV.Revo)




+暁光の唄+

(1:26)《恩寵》(ひかり) 《愛情》(ひかり) 《幸福》(ひかり) 《未来》(ひかり)

(2:07)
「森の動物達だけだった…」
「うめぇだよ」
「いっただきまーす!」
「うんっ、私頑張る!」
「どきどきだわ…」
「宝物が隠されているわ…」
「約束を守ってくれたのね」
「ウフフッ。愛シテルワ【Marz:メル】」
「寒くない? 【Marz:メル】」

(2:33)七の墓碑銘(Epitaph)

(2:46)
「成程、そうか。此の森が、此の井戸が。そうだね、【Elise:エリーゼ】 僕達の時代は、もう、終わったんだ」(CV.Revo)

(3:39)
sieben、sechs、fuenf、vier、drei、zwei、eins…
七度繰り返される、時代への弔鐘。
衝動は消え去り――
(Die Totenglocke an ende siebte Zeitalters. Es verschwinden…)

(4:24)
「Mutti、ひかり、あったかいね」(CV.Revo)



以下 BonusTrack
《Chronicle》 《Thanatos》 《Lost》 《Elysion》 《Roman》 《Moira》 《Märchen》

「僕達は、巡り続ける」(CV.Revo)
スポンサーサイト
COMMENTS (14) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
<< Rose Guns Days Season.1-1 | HOME | こっそりSHドルオフ企画メモ >>

コメント

凄いですね!
大変参考になりました。
【2010/12/16 21:37】 | URL | #-[ 編集] | page top↑

どうも、通りすがりのSHK国民です。
大変参考になりました!
せっかくなので僭越ながら、私から補完を少々…

火刑の魔女の2:05の項ですが、「出てけ!」の他に「魔女!」の台詞も聞き取れます。

薔薇の塔で眠る姫君の5:02の項は、「目覚めへと至る」だと思います。
【2010/12/17 14:16】 | URL | 未瑞鳩 #-[ 編集] | page top↑
はじめまして!
参考にさせていただきました

ここまで聞き取れるなんて!!
素晴らしい聞き取り能力ですね!
うらやましいです!!

そして補完を少々
火刑の魔女の(3:20)のところは
「町境の聖堂を壊せ!」
(4:29)は
「ああ聖人様の遣いの方、よくぞ来てくだいました」

だと思いました。
また、細かいのですが
(8:07)の「うまい」は二回言ってると思いmす。





【2010/12/17 15:28】 | URL | 翠菟 #-[ 編集] | page top↑

はじめまして。参考にさせていただきました。

火刑の魔女の
(7:11)焼き菓子(der kuchen)
のところは「レープクーヘン」かと思ってました。
【2010/12/18 01:55】 | URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございますー!
未瑞鳩様
じっくりきいたら、「気持ちわリィんだよ」等もきこえてきたので合わせて追加しておきました! 「目覚めへと至る」、言われて納得成程です。

翠菟様
火刑関連、なるほどなるほど。修正しておきましたー。あと、ヘンゼルは、合間にグレーテルをいれて判り難くなってますが、↑の記事でも2回「うまい」と表記しておりますー。

お二方ともありがとうございました!
【2010/12/18 02:53】 | URL | 乃枝 #7B27ksMU[ 編集] | page top↑

初めまして、ツイッターの方から来させていただきました。

宵闇の唄の9分39秒の愛シテルワ、メルのところは恋シテルワ、メルな気がします。
私の聞き間違いかもしれませんが…
【2010/12/19 16:58】 | URL | 結祈 #-[ 編集] | page top↑
はじめまして!
7人の小人の声なのですが、1人目は大塚明夫さんで4人目はJimangさんです^^

参考までに…!
【2010/12/20 00:49】 | URL | 桜井 #-[ 編集] | page top↑
コメントまたまたありがとうございます。
>焼き菓子~様
原典のお菓子の記述をしらなかったので、普通にケーキを宛ててました。確かにレープクーヘンですね、ありがとうございましたー!

>結折様
ええと、ご指摘ありがとうございました。ただ、恋してるとは、どうにも聴こえず…。冒頭でも「愛シテル」とミクが歌ってますので、当サイトではこのままでいさせていただきます。申し訳ありません。

>桜井様
声優さんの聞き分けはあまり得意ではないので、ありがたいですー。でもJimangさんにはあまり聴こえないのですが…。どうなんでしょうねぇ。
【2010/12/21 04:59】 | URL | 乃枝 #-[ 編集] | page top↑

お久しぶり――
また来てみました、通りすがりのSHK国民です。

野薔薇姫の7:38からの人々の日常?の音声ですが、「小僧」の続きが「マジでぶっ飛ばすぞ」、「子猫ちゃん」の前は「観念なさい」に聞こえます。
どちらも、私にはそう聞こえる。という程度の話ですので、聞き違いかも知れませんが…

参考になれば幸いです。
【2010/12/21 11:48】 | URL | 未瑞鳩 #-[ 編集] | page top↑

初めまして、
通りすがりの国民ですが

のばら姫での
「今宵も御機嫌麗しいようで。結構ですこと? おーっほっほほ! 全く! いい面の皮だね!」
の後の「失礼な!」はライブを見ていた中で
そのセリフのところで妃だけが動いてなにか喋ってるように見えたので妃のセリフではないでしょうか?
ただ、私は何と言っているのか聞き取れなかったのでとっても参考になりましたw

それと、またまたのばらなのですが
十二人の賢女のセリフは3つありますが全て沢城みゆきさんの声のように聞こえます…
私も耳に自信があるわけではないのでなんとも言えないのですが…

それでは、少しでも参考になれば…失礼します

【2011/01/04 21:07】 | URL | 通りすがり #-[ 編集] | page top↑

黒き女将の宿の
ゲーフェンバウアー将軍に続けー!のCVは中村悠一さんです

小人の台詞の、
皆、どうする~がjimangさんですよ
で、誰かこの中に~が大塚明夫さんだと思うのですが…
【2011/01/06 02:01】 | URL | くろ #-[ 編集] | page top↑

初めましてー
通りすがりの国民です。

「あー、まだ生きてるっひ!?」と
「こういう場合は大抵王子様が接吻すればいいねん」
はおそらく大川透さんですよー\^O^/

「皆、どうするんだれっく?」はわたしも
じまんぐさんに聞こえたのですが…ちがうかな?
【2011/03/15 17:56】 | URL | にれ #-[ 編集] | page top↑

初めまして。
青き~の兄さんたちの声は二人とも中村さんに聞こえるとおもいます。
【2011/04/10 22:13】 | URL | #-[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/02/03 18:35】 | | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→ http://moonsong.blog4.fc2.com/tb.php/518-caeb0e33
この記事へのトラックバック

 | HOME |