彼岸花の咲く夜に 第二夜
コミケ最終日は行けなかったので、この前ようやく店舗で購入。
特典小冊子は気になってたんだけど、夢想曲たかすぎて(・-・)

前回はいじめの話ばっかだったけど今回はそうじゃないといいなぁ。
プレイしつつのメモ感想。

以下いつものように追記から。

 

+第1話『お月見会』
最初っから花鞠おいしいですmgmg っていうか保健室の先生がえらいナチュラル過ぎて。フラグはあったけどね。うん。ところで忘れられること=寿命だと、狩りを積極的にしない鞠枝の寿命は結構短そうですね?(*゚ω。) どうだろう。イザナミのバーローにふいた。アザミお姉ちゃんは美しいですね花魁? いじめに関する狩りというからにはきっとえげつないんでしょうけど。鞠枝が結局来なかったとむくれてる彼岸花かわいかった。
ところでOPは第一夜と一緒?かな。お月見会は残りの序列の顔見せといったところでしょうか。


+第2話『十三階段の死神』
イザナギさんの狩りの様子でしょうか。鎌のエフェクトがとってもうみねこ(・-・) 解けるようにっていうのはちょっとわかるなー。死にたいから死にたいと生きたくないから死にたいにはとても大きな隔たりがあると言うか。ところでどうでもいいんですけどこの小学校発育良くね?← おっとみちるちゃん再登場。
さくのしんとは仲良くやっているようですねよかったですね。彼岸花もさりげなーくお手伝いしててかわいいかわいい。
なんというかつまり言いたかったことは、諦めたらそこで試合終了ですよでFAだろうか。イザナギさんはそこそこ人気が出そうだなー。というか紅茶とイザナギコンビが。現実世界でも先生の身分もってるんですねそういえば。校長先生もリアル校長なんだろうか。保健室の先生は相変わらず気になります。


+第3話『鏡の世界へようこそ』
1話で実際に顔合わせが出来てないとしたら初対面ですかこんにちは。言い回しがアレだなぁガイアの気配を感じるなと思ってたら、地の文で突っ込まれた。デスヨネ。みどりちゃんは相変わらずでした。幸せならいいよ。ところで色んなものが反転ってもしや序列もか? みちるちゃんが反転してヱリカのようだw あ、性格が反転のメインのようだけども序列も付随してましたね。こんな感じの明るい話は楽しいな。(・∀・)イイネ!! ゲラゲラの鞠枝もうちょっとみたかった←


+第4話『少年たちの肖像』
赤マント、青マント懐かしい! 昔、学校の怪談モノ好きでよく読んでたなぁ。美術室っていうか小学校だと図工室だったかなぁ。石膏とか絵画とかはなかった気がする。うちの学校。ちょっと記憶うろいけど。新谷先生目が細い。なんか今までのキャラにはいなかった気がするこういう顔。ところでショタコンですか。変態ですか。あ、ショタコンの変態でした。鞠枝以来の先生に関するお話ですね。ルノアールちゃん髪飾り可愛い。おっと、ルノアールくんか。彼岸花はつんつんを気取っていても割りと他の妖怪sと仲良く交流をもっている印象。今ちょっとネットにうまく繋げなくて、話に出てきた絵を探せないのが残念。エッシャー位ならわかるけれども。美術詳しくないのです…。狩らなくても敬われるだけで力が戻るとかだといいね。頑張れルノくん。


+第5話『私の親友』
みちるにも友達が!って思ったらあああああ( ;∀;) 伝えたい事がわかるようでわからないようで。BTさんかなぁって思ったけど、これは震災関連かな。どうかなわからん。今までの話とはちょっと毛色が違う印象を受けましたね。みちるが智子の真意まで読めていたとは思わないから、ちょっとみちるの前向きさ加減は?ってなったり。今まで人間関係をまともに築けていなくて、はたして親友の嘘の拒絶の意図を読めたかっていうと…ねぇ。小学生だし。人間賛歌を否定はしないけどちょっと最後くどかったかな。
悪魔がとってもベアトに見えてた自分はうみねこ病。


+第6話『復讐のアザミ』
アザミ姐さんキタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
ところで此処まで露骨に路上でいじめてたら目につかないんですかどうなんですか(*゚ω。)? 認めようとしないいじめられっこですか。ちょっと違うパターンですね。お姉さんの狩りの方法なのかな。小学生が地の文とはいえ”童心にかえ”っていて、おい、お前もまだ十分子供だ、と思ったりね。うふふ。
第一夜の感想でも書いた気がするけど、私はいじめを受けたこともみたこともないので正直実感がわかない。でもまぁ超常現象的な要素もあるけど、これが前回からの竜ちゃんの一つの答えなのかな、とだけ。うん。
取り敢えず姉妹可愛い。


+第7話『彼岸花の咲く前に』
ふむ、お茶会からの回想話かな? ところでドールとどいたら彼岸花ちゃん風のドレスも作ってみたいね。うみねこの時も思ったけど人外の子達がわちゃわちゃしてるの可愛くていいねぇ。昔の彼岸花は正装なのね。無感情っこおいしい好きですうふふ。彼岸花どうやってイザナミから逃げたんだろう。彼岸花の過去編とかやっちゃうの早くない?って思ったけど、夏の新作は彼岸花じゃないんですね。このシリーズは2夜で終わりなのかな。だったら妥当なところだろうか。ふむ。OPのピアノアレンジ好きだなーいいないいなー。


+放課後
いわゆるお茶会ですかしらね。お疲れ様会かな?
変態教師の争いワロタ ジャMプに腐男子設定にこれはひどい。厨二の争いにうたぷりwwwww ルノの能力まじ垂涎ですな。花鞠おいしいねぇぇぇぇぇ!
今までのキャラ総ざらいだった。やっぱり彼岸花はこれでおわりかなー。まぁ学校が舞台で妖怪関わっちゃうといじめの話にしかならないみたいだから、これくらいがちょうどいいのかもしれないねぇ。さくさく。


おー。全部終わったら学校が昼になった。妖怪の時間は終わりですね。
うん、まぁなんやかや思ったけど、総じていえば面白かったです。人を選ぶとは思うけど。いじめ題材だからね。個人的には7話冒頭みたいなキャラの掛け合いがもうちょっとみたかったかなー。なく頃にシリーズは本筋もいいんだけど、キャラ同士の掛け合いが好きなんだよね。
資料室ぼやぼやみてたら若かりし頃のアザミ姐さんの武勇伝がちらっとでてきてそれもちょっと気になる。どうでもいいですがアザミ姐さんは脳内CVが大原さんでした。立ち位置はお師匠様っぽいのになぜだろうか。ナフミ先生目標体重とか割りと幸せそうですね?(*゚ω。)?


取り敢えずこんなところで。
プレイ感想おわりっ。
また夏の新作でー(*´ω`*)ノシ

 
スポンサーサイト
COMMENTS (0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP ↑
<< こっそりSHドルオフ企画メモ | HOME | お人形お迎えすることに為りました。 >>

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→ http://moonsong.blog4.fc2.com/tb.php/535-110cf480
この記事へのトラックバック

 | HOME |